インターネットで探す田舎暮らし。ネオイナカグラシ!

ネオ(neo=最新の)イナカグラシ!では徳島県の県南部エリア小松島市・阿南市・海部郡内(美波町・牟岐町・海陽町)高知県東洋町にて田舎暮らしをご希望の方、ご希望の条件(間取りや生活環境)等を明記の上、メール:info@neoinaka.comを頂ければご希望の田舎暮らしを最大限お手伝いさせて頂きます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
RECENT COMMENT
  • リストラなしの「年輪経営」 塚越 寛 「年輪経営」を志せば、会社は永続する
    木山順子 (01/04)
  • 超・投資勉強法──「動乱の時代」に金運を掴む人、掴めない人 松藤 民輔
    株の勉強 (12/22)
  • 「知の衰退」からいかに脱出するか? 大前 研一 これからの時代は、集団の知が高くないと生き残れない
    noga (12/02)
  • 「強み」を生かし、「弱み」を強みに変える 仕事は真剣な遊び アイデアは遊びから生まれる
    履歴書の書き方の見本 (08/09)
  • ★雨がふってもよろこぼう!★嶋津良智 怒りやイライラに時間を費やすのはハッキリ言って、人生の無駄である。無意味な「怒り」は人生の成功を遠ざける。
    ネオイナカグラシ!お客様担当 (06/21)
  • ★雨がふってもよろこぼう!★嶋津良智 怒りやイライラに時間を費やすのはハッキリ言って、人生の無駄である。無意味な「怒り」は人生の成功を遠ざける。
    嶋津良智 (06/20)
RECENT TRACKBACK
  • ★扉の法則★ジェームズ・スベンソンJamesSvenson 失敗者は「失敗は自分の無能の表れだ」と嘆き、成功者は「失敗は自分の腕の見せどころだ」と思ってわくわくする
    もぼなもな書房 (09/19)
  • ★儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方★もしあなたがワクワクする仕事にチャレンジしつづけたいのであれば、固定費の小さな組織での成功を目指したほうがはるかに近道
    オススメEBOOKS (08/16)
  • ★金融商品にだまされるな!★最近流行している『危ない金融商品』のポイント解説 ぼったくり金融商品は、何度でも復活する
    本読みの記録 (04/09)
  • ★となりの億万長者★アメリカのお金持ちの八割は一代で富を築いている。
    本読みの記録 (04/01)
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
次期NHK朝ドラ『ウェルかめ』ヒロインに決定した倉科カナさん
9月28日より放送される平成21年度後期のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』のヒロインが、
倉科カナ(くらしなかな)に決定し2日、NHK大阪放送局で発表会見が行われた。


次期NHK朝ドラ『ウェルかめ』ヒロインに決定した倉科カナ

応募総数1775名のオーディションを勝ち抜いてヒロインの座を射止めた倉科は、熊本県出身の21歳。
「ミスマガジン2006」グランプリ受賞をきっかけにグラビアデビューし、
CMやバラエティー番組に出演するほか、NHK『土曜スタジオパーク』でサブMCを務めるなど活動の幅を広げてきた。

女優としては深夜ミニドラマ『根津サンセットカフェ』(TBS)などの出演作があるが、
本格的な連続ドラマ主演は『ウェルかめ』が初となる。

会見の1時間前にヒロイン決定を知ったばかりという倉科は「まだドキドキしています」と興奮さめやらぬ様子。

じつは今日の会見には「オーディションの最後の面接審査がある」と騙されて?
会場に呼ばれていたそう。

「面接ということで、『好きな生き物は、犬、カブトムシ、カメのうち何ですか』
と質問されたので、
『犬です!』
と答えたらみなさんに笑われて。

その後、クラッカーが鳴って
『おめでとうございます! あなたがヒロインに決定です!』と言われました(笑)」
と"ドッキリ"のような演出で決定を聞かされたという。

倉科は「これからドラマを通していろんな方にお会いできると思うと楽しみでもありますし、
ウキウキとドキドキが一緒になって…なぜか涙が出てきますね」

と目を潤ませながら喜びを語っていた。



倉科カナ
1987年12月23日生まれ。熊本県出身。2006年、「ミスマガジン2006 グランプリ」を受賞し、グラビアデビュー。
以後、深夜ミニドラマ「根津サンセットカフェ」等、ドラマやCM、バラエティ番組に出演。
NHKでは2008年4月〜12月「土曜スタジオパーク」サブMCをつとめた。
映画や舞台にも活躍の場を広げつつあり、
この「ウェルかめ」が本格的な連続ドラマとしては初主演となる。

倉科カナさん演じる、「浜本波美(22歳)」とは…
海辺の町に生まれた浜本波美は、思い込みは深く、ねばり腰でしぶとく、
フットワークは軽いという天然キャラクター。
「世界とつながる仕事をしたい」、
そんな大それた思いを抱き、一流女性誌の編集者を目ざして東京の出版社へもぐり込むが、
いきなり編集部は解散!紆余曲折人生の始まりです。
徳島市の小さなローカル出版社で、華やかな憧れとは程遠い、
普段スポットライトを浴びない地元ネタにこだわる雑誌の編集に携わることに。
しかし、ここから波美は、家族や故郷を見つめ直すことになるのです。
それはまるで、ウミガメが、太平洋を大きく回遊して生まれ故郷の浜を目ざすように――。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.